担当医師紹介


 
院長の富田雄二です。
昭和30年11月に、西都市で生まれました。
専門は、高血圧を主とする循環器疾患の診断・治療ですが、内科疾患の全般について研修を受け、患者さんの治療を行っています。
富田医院は父 次雄が開設し、昭和63年から私が引き継ぎました。平成15年11月に現在地に新築移転しています。
最近は生活習慣病などの慢性疾患が増えていますが、当院では現在、約350名の高血圧症、約100名の糖尿病、約100名の高脂血症、約80名の心臓病の患者さんに通院いただいており、より良い生活の質が保たれるように患者さんと共に治療を続けています。
また高齢化社会において、通院が困難な患者さんには訪問診療を実施しています。訪問看護ステーションや介護スタッフと協力しながら、自宅や入所施設での生活を支援します。
 

履歴

昭和43年西都市妻南小学校卒業
昭和46年日向学院中学校卒業
昭和49年鹿児島ラサール高校卒業
昭和55年九州大学医学部卒業
 
昭和55年九州大学医学部附属病院第2内科、第1内科で研修
昭和56年北九州市立若松病院勤務九州中央病院研修
昭和57年九州大学医学部附属病院第2内科勤務
昭和63年富田医院 開業
 


 
副院長の富田祐亮です。
1988年6月に、西都市で生まれました。
専門は、高血圧を主とする循環器疾患の診断・治療ですが、内科疾患の全般について研修を受け、患者さんの治療を行っています。
2022年4月より富田医院にて診療を開始しました。
卒業後は福岡にて研修・診療を続けてまいりましたが、今後は西都市において皆様の健康管理に努めて参ります。
外来一般診療、在宅医療を担当します。
 

履歴

平成13年西都市妻南小学校卒業
平成16年日向学院中学校卒業
平成19年鹿児島ラサール高校卒業
平成25年九州大学医学部卒業
 
平成25年国立病院機構長崎医療センターにて研修
平成27年九州大学医学部第2内科入局、製鉄記念病院八幡病院勤務
令和3年九州大学大学院(博士課程)終了
令和4年富田医院勤務