non-smoke of Tomita_iin



HOME > non-smoke


対象者の条件

LinkIcon保険適応について
2006年から、健康保険を使って禁煙治療が受けられるようになりました。
ただし、一定の要件を満たす必要があります。
ブリンクマン指数(1日の喫煙本数x喫煙年数)が 200以上であること
  例えば1日 20本の喫煙を 15年間継続している場合は
  20本/日 x 15年 = 300 =>  200以上なので対象となる
TDSテスト(タバコ依存症スクリーニング The Tabacco Dependence Screenner)が5点以上であること


TDSテスト 1点 0点
自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか はい いいえ
禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか はい いいえ
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか はい いいえ
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加) はい いいえ
上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか はい いいえ
重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか はい いいえ
 7 タバコのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか
はい  いいえ
タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか
はい いいえ
自分はタバコに依存していると感じることがありましたか はい いいえ
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか はい いいえ



禁煙治療の流れ

ニコチン依存症の確認と、禁煙の意志確認
  問診(喫煙状況)、ブリンクマン指数、TDSテスト
  喫煙の害と禁煙メリットの説明
  禁煙の意思確認と同意書

禁煙プログラム
 1) 初診
   呼気一酸化炭素濃度測定
   禁煙についての指導
   禁煙薬の処方

 2) 再診 (2週間後)
   呼気一酸化炭素濃度測定
   禁煙指導
   禁煙薬の処方

 3) 再診 (4週間後)
   呼気一酸化炭素濃度測定
   禁煙指導
   禁煙薬の処方

 4) 再診 (6または8週間後)
   呼気一酸化炭素濃度測定
   禁煙指導
   禁煙薬の処方

 5) 以後は場合によって治療継続又は指導のみ

禁煙治療薬について

現在、2種類の禁煙補助剤が使用可能です

  1.ニコチネルTTS

  • 1999年5月に発売された貼り薬です。1日1枚を上半身(胸、背中、腕など)に貼ります。薬の作用は喫煙者が禁煙をした際に生じるニコチン離脱症状やいらいらなどを皮膚からニコチンを吸収させることでやわらげ、禁煙するために補助的に使用し、禁煙を達成させます
  • 欠点としては、貼ったところが赤くかゆみを伴うことがあります。皮膚が弱い人は不向きです

製造メーカーのサイト

  2.チャンピックス

  • 2008年に発売された飲み薬です。この薬は脳内のニコチン受容体(α4β2ニコチン受容体)と強く結合し、ニコチンの結合を妨げます。そして、受容体への刺激作用と拮抗作用の2つの作用を示します。刺激作用は部分的でニコチンそのものより弱いです。ニコチン受容体を軽く刺激することで少量のドパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する欲求を軽減します。ドーパミンの放出量は、ニコチンの半分くらいです。拮抗作用は、文字通りニコチンと拮抗し、その作用を弱めます。ニコチンによるドパミン放出が抑制されるので、禁煙中にタバコを吸っても今ひとつスッキリせず、喫煙による満足感が得られにくくなるというわけです。
  • 欠点としては、眠気やめまいを起こすことがあり、意識障害から自動車事故に至った事例が報告されています。車の運転など危険を伴う機械の操作は避けます。

製造メーカーのサイト